60歳の生徒が2ヶ月で月200万円稼ぐようになった話

こんにちは、アサクラです。

僕は今60歳のクライアントに
ビジネスを教えています。

この方に教え初めて
2ヶ月ほどで月200万円の収益を達成した
という報告を頂いたので
今日はその話をしようかと思います。

 

この方は元々公務員だったのですが
老後の不安や子供へ
お金を作っておいてあげたいという事で
還暦間近のタイミングで休職をし

ビジネスの世界に挑戦するという
かなりタフな方です。

 

初めてお会いしたのは
僕が大阪で5名限定1日20万円で
ガッツリセミナーをするという時がありまして

その時に教材などはずっと聞いてたけど
実際に会って話を聞いてみたい!という事で
勇気を出してそのセミナーに
参加してくれました

 

僕もその時のセミナーの事は
良く覚えていて

一回り、二回りというか
四回りくらい上な方が
参加してくれたなぁ〜という事で

 

年齢はビジネスに関係ありませんが
その年になっても僕のような
20代前半の若者から学ぶというスタンスは
素晴らしいなと思った事を覚えています

 

ちなみに年下とか後輩とかにも
すごいなと思ったら頭を下げて
学ぼうとする人は
周りからめちゃめちゃ魅力的に感じられますよ

 

これ出来る人なかなかいないんですよね。

やっぱりどうしても
プライドが出てしまうというか。。

プライドなんてまじでいらんので
捨てていきましょう。

 

僕は年下だろうが後輩だろうが
何だろうがすごいなと思ったら素直に

「すげぇ〜〜!教えて下さい!」と
頭を下げます

逆にこのスタンスだと後輩とか年下の方から
「アサクラさんレベルでも下の人から学ぶのまじで知識に貪欲だ…」と、よりビビられます。

 

よくいるのは
自分の方が稼げてるから!
自分の方が年上だから!
自分より下と分かると横柄な態度を取る人

いやー良くない。
非常に良くない。

全く人としての魅力を感じません。
金銭という点が全てではありませんからね。

 

僕の教材の購入者の方に
パーソナルトレーナーの方がいるのですが
懇親会に参加して下さった時に
初めてお会いして筋肉に関する知識がとんでもなかったんですよね
彼自身も筋肉ヤバかったし

なので速攻
筋トレの方法教えて下さい!
今では僕のパーソナルを
やってもらったりしてます。

 

稼ぎという点では確かに
僕の方が上かもしれませんが
違う分野にいけば彼の方が上だし
僕はど素人になる訳です。

 

役割の違いってだけです。
ビジネスという観点では
僕の方が知識や実績があり
筋トレやダイエットという観点では
彼の方が知識や実績がある

だからこそ自分が知らない分野は
教えてもらう。たったこれだけです。

 

特に年上だからというだけで
横柄な態度を取ったり、
急にタメ口になったりする奴は論外ですね

勝ってる点、生きてる時間だけじゃないですか

 

そういう人を見ると
その武器だけで良く
そんな横柄な態度取れるよなぁと
失礼ながら思ってしまいます

 

だからこそ僕は
僕よりも一回りも二回り以上も
年上のクライアントや

僕なんかよりも圧倒的に稼いでるのに
「すげぇ!それ教えて下さい!」と
言ってくださる先輩経営者とかは

ものすごくリスペクトしております。

成長欲半端ねぇな…と

 

ただ稼げてないからとか
年下だからとか
後輩だからという理由で
学びの対象外にする人は鬼ほど損してるので

無駄なプライド捨てて
謙虚になりましょう。
学びになると思ったら
頭下げて教えてもらいましょう。

 

と、話を戻して
そんなこんなで大阪での
セミナーが終わって2ヶ月後ほど

ずっと見ていた生徒が
一人前になったので
卒業するタイミングで教材購入者に新規でコンサルを募集したタイミングで

その60歳の方から
連絡がありました

 

「大阪セミナーでは大変お世話になりました」
「本当にあの日は衝撃的で雷に撃たれたかのような知識の嵐でした」
「その時にビジネスを教えてもらうならこの人しかいないと思いご連絡しました」

 

その年になっても
まだまだ成長してやるというパッションと
一度お会いした時に一番質問をしていて
僕から学び取るという
スタンスが素晴らしいなと思い

めちゃめちゃ久しぶりに
新規でコンサルする事に決めました

 

とは言っても
もちろん僕のコンサルはタダでは無いです

正直普通の人からしたら
ビビるくらい高いです。

それでもその方は
人生を変えるつもりでと
支払って頂き僕もその心意気に答えるように
徹底的に教えていきました

 

そしてコンサルを始めて
2ヶ月後…

この方は僕の教えを徹底的に実行し
2ヶ月で月200万円ほどの収益を
生み出せるようになっていました

今月も最高月収を超える勢いだそうです。

「アサクラさん…
本当に知識ゲーなんですね…」
と良く言っております

 

この60歳のクライアントが
証明してくれたように

=========
人間変わるのに年齢なんて
関係ありません

いつだって人生を変えて
成功するチャンスはあるのです
=========

 

しかも特にビジネスはそうです。

80歳になって
「今からプロ野球選手を目指すぞ!」
というのは、ちょっと現実的ではありませんが

ビジネスやお金を稼ぐという事は
技術であり科学です。

 

毎回ヒット商品を生み出すマーケターは
売れる商品の型というものを
知ってるから毎回売れるのです

売れるレターが書けるコピーライターは
売れる文章の型を知ってるから
毎回売れるレターがかけるのです。

ではその売れる理屈というのが
分かればあとはそれを実行に移せば
中学生だろうが年配の方だろうが成果が出ます

 

みなさん知ってるであろう
カーネルサンダースは65歳の時に
ケンタッキーを創業しました

若いから成功するとか
年いってるからもう無理とか
ビジネスの世界では通用しません。

 

正しい知識を知り
行動するやつが成功するのです
恐ろしいほどにシンプルです。

逆にいうとめちゃめちゃ
希望も感じる世界ですよね

知識さえ付ければ
誰だっていつだって
成功する資格があるんですから

 

年齢とか環境とか
言い訳をせずに徹底的に知識をつけましょう。
知識は裏切りません。

今日は以上です

コメントを残す